キャッシング審査の役割とは

キャッシングはとても便利で多くの人が利用しています。急にお金が必要になったりイザというときにはとても役立ちます。でもキャッシングを利用するには審査に通る必要があります。いくらキャッシングを利用したくても肝心の審査に通らないと何も始まりません。

 

キャッシング審査に通りやすい人や、なかなか通らない人など様々です。一般的には審査は難しいものではありません。毎月安定した収入のある20歳以上69歳以下の人なら基本的に審査に通る確率は高いといえます。ただし中には審査に通るのが難しいケースもあります。

 

まず安定した収入がない場合には審査には通りません。なので無職の人は派遣会社に登録するのがよいでしょう。派遣の仕事で勤務実績ができれば審査に通る可能性は高くなります。

 

また無職でも専業主婦の場合には、夫が定職に就いて安定した収入があればキャッシングを利用することができます。ただ、専業主婦が借りる場合には対応をするイオン銀行の来店不要キャッシングを利用するなど、借り入れ先が限定される点には注意が必要です。

 

他にも過去5~10年以内に自己破産や任意整理などの金融事故を起こしてブラックリストに載ったことがある人も審査に通るのは難しいといえます。また現在お金の借入れがあり返済の滞納や延滞がある人や、過去数ヶ月以内に何度もキャッシング申し込みを繰り返した人なども審査に通り難くなります。

 

総量規制は、多重債務者の増加を防ぐのが基本目的とされているので、キャッシング審査もその方針に基付いて行われます。

 

審査に通らない原因を解消すれば、再びキャッシングを利用することは可能です。審査は基本的にキャッシング会社の健全な運営においても、利用者の経済的な安全性においても両者にとってメリットのある仕組みだといえるでしょう。

 

カードローン審査と勤続年数

仕事をしていれば最近のカードローン審査にはほぼ通ることができますが、その働き方によっても金利など諸条件が変化します。これは個人の属性によって決定されるのですが、職業や年収のほかにも意外な属性の区分が設定されているのです。

 

申し込みの時点で記入欄があるため気付いている方も多いですが、勤続年数は契約条件を左右する属性のひとつです。区分としてはおおむね勤続10年以上、5~10年、3~5年、1~3年というように分けられており、長くなればなるほど収入の安定性を示す目安として属性が高くなります。

 

勤続年数が1年未満であった場合は評価の対象にならないとしているキャッシング会社もあり、場合によっては勤務している扱いにすらならないことがあります。まだ就職、転職して間もないという方は、最低半年以上経ってから申し込みをしたほうが良いかもしれません。

 

またこの勤続年数はアルバイトの人がキャッシングに申し込む際も重要な指標になります。パート、アルバイトはいつ解雇されるかも分からず収入が不安定な職業とみなされがちであり、勤続年数の長さが安定収入があるかどうかの目安になっていることが多いです。アルバイトの場合は勤続1年以上が審査に確実に通るかどうかの基準になるでしょう。

 

キャッシングに抵抗がある方

キャッシングに抵抗があるという方は、少なくないと思っています。というのも、やはりテレビや映画などで悪いものとして取り上げられる事が多く、悪いイメージがついてしまっている事が多いと思うのです。しかし、実際のキャッシングはそこまで悪いものではないという事を、今回はお教えしたいと思います。

 

まず、キャッシングは確かに使い方を間違って失敗をしてしまう人もいます。その一方で、上手に使えている方だってたくさんいらっしゃるのです。悪いイメージは上手に使えなかった失敗例からきていると思いますが、そんな人ばかりではないという事をまず知ってください。

 

上手に使いこなせればこれほど便利なものはなく、快適に毎日を過ごせる事でしょう。特にキャッシングは急な出費というものに対する対応力が高いですから、一枚キャッシングのできるカードを持っていれば、備えの面で言っても全く悪い事はないのではないでしょうか。

 

使い方は人それぞれですから、ずっと使い続ける必要はなく、本当に必要な時、いざという時にだけ使うという事だって選択できます。

 

これらの事を考えてみれば、キャッシングってそこまで悪くないなと思って頂けた事かと思います。是非利用してみてください。

 

複数社から借りているときに便利なおまとめローン

カードローンの利用者の中には、複数社と契約をして、それぞれから借入を行っていることもあるようです。借入先がいくつもあると、当然、返済日や返済先が異なるため、手間や手数料などのコストが掛かってしまいます。

 

また、情報が整理できず、返済日を忘れやすくなるでしょうし、心理的な負担も大きくなってしまうでしょう。さらに、カード会社からの信用度も落ちることにもなります。借入総額が同じであっても、複数社から借入をしている場合は、自己管理や多重債務の点から低く評価されてしまうのです。

 

カードローンの審査で他社からの借入という項目があるのはそのためです。いくら給料が高くて返済能力があったとしても、複数社からの借入を行っていると、審査で問題になって契約できないこともあります。ですから、複数社で利用している場合は、おまとめローンの利用がオススメです。

 

金利の一番低い会社に借入を一本化することで、月々の支払いを明確にし、カード会社からの信用も回復させることができます。利用方法はおまとめローンを扱っている、別のカードローン会社と新たに契約をするだけです。

 

そして、その会社を相手に、これまで借りていた会社からの総額を返済をしていくことになります。

 

おまとめローンは銀行での借り入れがメインに考えられがちですが、消費者金融でも宇都宮で借りるモビットのように借り入れたお金での一本化も可能となっています。