配偶者の同意で借りる|

消費者金融のカードローンに貸金業法による総量規制が掛けられたことで、利用者は自分の年収の3分の1以上の借入ができなくなりました。そこで、最も大きな影響を受けたのが専業主婦です。専業主婦は当然収入が無いため、カードローンを利用できなくなりました。

 

従来、消費者金融は専業主婦に対しても貸出を行っていました。それは、専業主婦が家賃や子どもの教育費、旅行費用、家具の購入などに使うためにする借金は日常家事債務となり、民法において日常家事債務の返済は夫婦の共同責任となっていたからです。

 

実は、総量規制にも例外規定があり、配偶者貸付と言って、夫の同意があれば専業主婦でも消費者金融のカードローンを利用することが認められています。ところが、配偶者貸付は夫の同意書や婚姻証明書などの書類の提出が必要であるため、管理の手間が面倒なことから、配偶者貸付に対応する消費者金融の無いのが現実です。

 

しかし、銀行には総量規制が適用されないことから、主婦を中心的な顧客とする流通企業系のネットバンクには、専業主婦に対する貸出を積極的に行っているところがあります。

 

夫の同意書が必要なく、利用限度額も30万円から50万円になっており、貸出金利も低いことから、消費者金融を利用していた専業主婦がネットバンクに流れています。